船井総合研究所 温浴ビジネスチーム 世界ゆるるん入浴記
その他
2018.01.11
2018年の温浴業界の環境とは?

あけましておめでとうございます。

2018年も何卒よろしくお願い申し上げますm(_ _)m

 

本日は鏡開きですね。
年末年始、3連休、今週と皆さんの施設ではいかがでしょうか?
良かったことと期待しております。

 

さて、2018年の温浴業界を取り巻く環境はどんな年になるのでしょう。
基本は17年の流れからそれず、より増すのではないかと推測します。

 

1. 温浴施設件数は減少傾向変わらず
寂しいことですが、温浴施設件数の減少傾向に歯止めはかからないでしょう。
新規開業の話をきいているのに?!と思うかもしれないですが、実は減少傾向です。

 

2. 原油価格は高値圏で推移するだろう
温浴施設経営に大きな影響を与えるのエネルギーコストですが、その影響を与えるのが
原油価格です。為替も相まって、温浴経営にとっては厳しい年になりそうです。

 

3. 人財競争はより一層厳しくなるだろう
人不足と言われて久しいですが、この傾向はより一層進むものと推測します。
全産業でそうなのですから、より一層の取り合いは強くなるでしょう。

明るい話題はないのか?!とお思いかもしれませんが、環境の現実は上述の通りです。

 

ならどうするか?

 

打つ手はありますので、楽しくチャレンジしていきましょう。

(えびはら)

一覧に戻る

このページのトップ